FC2ブログ
妥協リーチ
カテゴリ: 麻雀
山風 

ゼットン「リーチ君。」

バルタン「え。すぐ好形に変わりそうですよ?待たないんですか?」

ゼットン「2巡待ったよ!!俺の時間は有限なんだよ!!」

バルタン「索子に上手くくっつけば和了れそうですよ。」

ゼットン「そりゃね。俺だっていいリーチを打ちたいよ。でも麻雀だからそうならないこともいっぱいあるじゃん?いいリーチを追求するんじゃなくてそこそこのリーチをいっぱい打つ方がいいと思うんだけど。」

バルタン「これ、、、そこそこいいリーチなんですか?」

ゼットン「2pが3枚切れてるし使いにくそうじゃん。一枚くらい余ってもよさそうじゃない?」

バルタン「でもなんか2pが手出しで打たれたところに1pが暗刻であるケースが怖くないですか?たまたまかもしれませんが今回は対子になってるわけですし。」

ゼットン「まぁ、そういうこともあるよね。でもそんなのしょうがなくね?例えば2sを引いて2-5-8s待ちでリーチしたとするじゃん?それでも実際の山に残ってる枚数って3枚しかないんだよね。3s引きの3-6-9s待ちも3枚しかない。一見いいように見えてもそんなになかったりするからそれならもうちょっとでもいいと思ったらリーチの方がよくない?」

バルタン「よさそうに見える待ちでもそれだけ無いことがあるんだからよい待ちでリーチすべきってことにはならないですか?」

ゼットン「この辺の巡目になるとさ。それなりに手牌も整ってるし押したいことが多いと思うんだよね。巡目もまだ深くはないし和了りも見込める。そうなるとこれくらいエイッって切るような気がしない?索子の無筋とかは微妙だけど1pくらい言っちゃえ!!みたいな。そういう心情も含めると割と和了れるかと思ってたんだけど。」

バルタン「でも赤もあるしツモ和了りの見込める方がよくないですか?実際一枚オールの価値は相当大きいですし。」

ゼットン「だからそう出来るならするよ。ノベタンか字牌単騎か?見たいな選択だったら俺だってそうするけどこれ選択できないじゃん。選択がある時はチップ要素も考慮するけどそうでないときは過剰に意識しないほうがいいと思うけど。」

バルタン「さすがA2の人は言うことが違いますね!!」

ゼットン「その褒められてるのかバカにされてるのか微妙にわかりにくい表現やめろw」
スポンサーサイト



編集 / 2010.10.22 / コメント: 5 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析