FC2ブログ
対応していこう
カテゴリ: 麻雀
両面からでも 


ゼットン「両面からでもチーする?」

バルタン「うーん。しないんじゃないですか?そこは急所ではないですからね。」

ゼットン「でもさ。こういう状況じゃん。例えば5mをチーしてすぐ中ポンして高速で聴牌って結構うれしくない?」

バルタン「そりゃうれしいですけど。」

ゼットン「今までは両面から仕掛けることってあんまりなかったんだけど。そこ鳴くより一回ツモって索子の上か中を処理出来る牌を求めた方がいいと思ってたからな。でもさ、点棒状況的に大事なのは速度だけじゃん。まぁ、この点棒状況はちょっと極端なんだけどあと一万点少なかったりしても鳴いた方がよさそうじゃね?」

バルタン「でも両面から仕掛けると和了れない方をツモったりとかのリスクもありますよね?」

ゼットン「鳴かないことによって聴牌が遅れるのもリスクだからな。和了れない方をツモるってのは目に見えてのリスクだから目立つけど鳴かないことによってスピードが遅れて親に先手を取られるってのは目に見えないから気付きにくいだけでさ。」

バルタン「じゃあこれからは鳴いて行くってことですか?」

ゼットン「どっちもやろうかなって。今までは『こういうのは鳴く!!』か『ここからは鳴かない!!』って決めて一律そうしてたんだけどスピードがいるかいらないかを考えて適当に割り振ろうなかと。」

バルタン「今までそういうのしてなかったのかという話ですけどねw」

ゼットン「だって状況に対応するとか面倒じゃん。」

バルタン「それが麻雀の面白いところだと思うんですけどw」
スポンサーサイト



編集 / 2010.10.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析