FC2ブログ
瞬速
カテゴリ: 麻雀
ゼットン「サンプルはないんだけどヘッドの無くなる仕掛けや手順はやっぱ速度的に難があるよね。」

バルタン「仕掛け時なんかは副露数が増えるにつれ頭は出来にくくなりますからね。」

ゼットン「でもさぁ、そういう時もあると思うんだよね。例えば今8巡目ですと。そしてこのまま進めれば5巡後に30%の確率で和了りがありますと。」

バルタン「はい。」

ゼットン「その前にヘッドになってる牌が出ました。それをポンすると形は悪くなるけど向聴数はよくなります。そうすることによって5巡後の和了り率自体は20%に下がるけど10%だけ3巡後に和了れるかもしれません。」

バルタン「ヘッドって一巡で重なるかもしれませんしね。」

ゼットン「ポンして次巡ヘッドを重ねる。そんで次巡チーとかしてすぐ出和了り、みたいなね。でもヘッドが無くなることによって安定感は失うよな。それでも和了りトップとかの和了り自体に価値のある時はそういう瞬間で和了りを拾える手順を求めることもあるわけじゃん。」

バルタン「そういう時もあるでしょうね。」

ゼットン「そういう仕掛けって結構否定されがちだよな。『それ速度上がってなくね?』みたいな。俺も前はそう思ってたんだけど実はそうじゃないんだよなー。安定感を捨てて瞬間的な速度を求めてるってだけでさ。」

バルタン「孤立役牌が三つあって愚形ターツを鳴いて行くのもそんな感じですね。」

ゼットン「そそ。でもそういう仕掛けに抵抗がある人も多いと思うんだよね。仕掛けの話をしててそれ仕掛けて和了れんの?って言われるんだけど『どうせ仕掛け無くても大体和了れないんだからうっかり上手く行った時だけ和了れるようにしときたい』精神ってそんなにメジャーじゃないのかな?」

バルタン「タイプによるんじゃないですかね?あなたが和了れないと思ってる手牌でもあいては和了れると思うのかもしれませんし。そもそも最初にいってた和了り率の認識に対しての個々の感覚の差もあるでしょう。」

ゼットン「もうね。みんな自分を信じすぎだから。別に手牌を諦めろってわけじゃないけど無理なものは無理だから。ビリーヴ打法かよ。」

バルタン「3巡後の10%を求める手順の方がビリーヴしてますけどねw」
スポンサーサイト



編集 / 2010.11.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析