スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プレイヤーとして
カテゴリ: 麻雀
福地さんのブログを読んだ。

僕は基本的に麻雀は『各人が勝利に対して最善を尽くすべきもの』であると思う。そうであってこそ美しい。

それが僕の基本姿勢だ。

でもこの記事の麻雀関係者の言ってることも分かる。

プロとして、あのチーはしてほしくなかった。したなら、なんとしてもアガり切らなければいけなかった。あの手からチーして、その結果オリ打ちするんじゃ、かっこ悪すぎる。それはプロの麻雀じゃないだろうと。』(福地ブログより引用)

天鳳の上位層でやっている人にはよくわからない考え方かもしれない。選択には有利と不利しかなくてそこに感情や見た目、カッコよさなんて要素が入ってくる余地はない。もちろん純粋なゲームとしての麻雀というのはそういうものであるべきだ。

単純なプレイヤーとして言えばどんな場でどんな状況でも的確な打牌が出来るプレイヤーが優秀なプレイヤーなんだろう。

でもたぶん、娯楽というか観戦者としてプロの麻雀を楽しんでいる人たちってのはそういう麻雀を望んでいない人も多い。

精度の高い選択を繰り返しながらもマイノリティな選択をした時は外さない。

たぶん現状の麻雀界では観戦者受けのするプレイヤーというのはそういうプレイヤーだろう。

しかも「精度が高い」というのは一般的である必要がある。真に精度が高い選択ではなくあくまで「一般的によいとされている選択」。

それでいて多くの人が「えっ」と思うような選択をした時は高確率で成功を捕えてくる。

一流のスタープレイヤーってのはそういうことが出来るプレイヤーのことだろう。

残念ながらスピード重視のリーチ打ちまくり副露しまくり戦術が現状有利とされていてもそれはまだ多くの麻雀愛好家には受け入れられない。

『観戦者なんて関係ない、常に最善を尽くすべきだ、』

そういうストイックなプレイヤーが評価されるのはまだしばらく後になるんじゃないかな。

これは別にいい悪い、って話ではなくて時代にあってるかどうかという話なんですよ。

時代に求められている麻雀が打てるかどうか?スタープレイヤーってのはそういうものだと思います。

それを見極めるて合わせるなりそれに自然とフィットするなりね。

僕は最善の解を求めようとしないプレイヤーは一流だと思わないけど同様に最善を尽くすことしか選択肢にないプレイヤーも同様に一流ではないと思う。

最善しか尽くせないのはただの麻雀が強い人だ。一流のプレイヤーというのはそうじゃない。

ギャラリーを沸かせ、それでいて結果が残せる、それこそが一流のプレイヤー。

ということで今晩一流のプレイヤーを集めて団体戦をします。

よろしければ是非。

(※司会の予定の奈落の王さんがPCの故障でキャンセルとなったため司会が『先♀生』に変更になりました。)

配信予定地
開始時間は22:30~
スポンサーサイト
編集 / 2011.09.23 / コメント: 5 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。